クラシックギター情報交換掲示板

ヘルマン・ハウザー III世 リョベートモデル 2004のケース

クラシックギターに関するちょっとした情報を投稿しています。誰でも書き込めますので自由にご利用ください。

なお、以下の「Register」からアカウントを登録いただく際は、ユーザー名に日本語を使わないようにしてください。英数字のユーザー名のみ登録可能です。

ブーシェの音の秘密を解析して再現するプ...
 
通知
すべてクリア

ブーシェの音の秘密を解析して再現するプロジェクトのクラウドファンディングがスタート

1 投稿
1 ユーザー
0 Reactions
637 表示
かーる
メンバー Admin
結合: 9年前
投稿: 407
Topic starter  

クラウドファンディングで、クラシックギターの名器中の名器である「ロベール・ブーシェ」の音の秘密を解析して再現するプロジェクトがスタートしています:

名器ブーシェを再現し、クラシックギターの音色の秘密を解明したい(関場大一郎 2023/07/28 公開) - クラウドファンディング READYFOR

プロジェクトではブーシェの最後の弟子であり工具などを引き継いだジャン=ピエール・マゼ氏への弟子入り、最新の科学技術を使ったブーシェの秘密の解明が予定されています。

ロベール・ブーシェの楽器はこれまでに1,600万円ほどで取引されたことがあり、その音は誰もが憧れるところです:

最も高額で取引されたクラシックギターの価格は?値段が上位の楽器を紹介 | クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて (cooksealphoto.com)

応援は3,000円から可能で、金額に応じてできあがったギターを使ったコンサートへの参加権がえられるようです。また、150万円の応援でできあがったギターを入手できます。

プロジェクトをおこなうのは筑波大学の物理研究者で10年ほど前からギター製作を始めた関場大一郎という方です。

研究結果がしっかりと論文などで公開されるならクラシックギター界の発展に寄与しそうですね。

ちなみに今のところ目標400万円に対して8%しか集まっていません。

This topic was modified 10か月前 2回 by かーる

   
引用

返信する

投稿者名

投稿者メールアドレス

タイトル *

許可された最大ファイルサイズ 10MB

 
プレビュー 0リビジョン 保存しました
共有:

新着記事:

指の癖を矯正するグッズ「Ovaring(オーバリング)」が登場 ~ 脱力にもつながりそう
フレット浮きの音への影響と簡単な見分け方、修理について
ヘルマン・ハウザー2世(Hermann Hauser II)
「セーハお助け帯」でセーハ時の指の痛みを軽減しよう
BluetoothやUSBでスマホと接続可能!「ナターシャスマートギター」が日本で販売開始
ギター内部や指板を効果的に湿度調整!ギターの上に乗せられる調湿剤を試してみた
剥がれにくいポジションマークを求めてロゼットのフレットマーカー(Rosette Premium Fret Marker Dots)を試してみた
「竹糸」使用で涼しいアームカバー「竹糸くん」を使ってみたのでレビュー~夏の暑い時期にぜひ使いたい
ジャバラ構造で楽譜4枚置きが簡単!キングジムの「カキコ」は楽譜の閲覧と書き込みが両立できる
新型の背面取り付け式支持具「エルゴノミック・サポート」が登場~ギターの構え方に革命が起きる?

続きはこちら

タイトルとURLをコピーしました